会津探訪

近藤勇の墓 近藤 勇の墓 土方歳三慰霊碑 土方 歳三慰霊碑 近藤勇 近藤 勇 土方歳三 土方 歳三

近藤 勇の墓(会津若松市)

京都守護職・会津藩の支配下にあった新選組。前身の壬生(みぶ)浪士組は1863 (文久3)年2月に上洛。新選組と命名され、市中警護に当たり、めざましい働きを見せました。しかし、1868(慶応4)年、新政府軍と旧幕府軍との間で戦闘が開始され、戊辰戦争に参戦しました。

鳥羽・伏見の戦いの後、近藤は生き残っている新選組隊士を母体とし、新たに「甲陽鎮撫隊(こうようちんぶたい)」を組織し、甲府へと向かうが、新政府軍に敗れ、千葉県流山に布陣し、再起をうかがっていた近藤は、新政府軍に包囲されてしまいます。投降した近藤は取り調べの末、東京・板橋で斬首されました。

のちに会津入りした新選組副隊長土方歳三たちは天寧寺(てんねいじ)に入り、土方は約4カ月間、会津に滞在したこの間に、近藤の死を知った土方が近藤の墓を天寧寺の裏山に作らせたといわれています。

近藤は会津に来たことはありません。それでは墓には何が埋葬されているのかいうと、会津にはその答えを示す言い伝えが残っています。数人の決死隊が京都の三条河原にさらし首となった近藤の首を奪って墓に埋めた、と。遺髪や遺品ともいわれておりますが、いずれも確証はありません。

近藤家の家紋とともに墓石に刻まれている「貫天院殿純忠誠義大居士」は立派な戒名で、会津藩主松平容保の書とされています。

忠義を貫き通した近藤の墓の隣には土方の慰霊碑があり、今の日本、そして会津を2人が語り合っているかのように見えます。
■会津若松駅より東山温泉駅行きバスで約15分、徒歩10分

copyright © AD BRAIN All Rights Reserved.