会津探訪

蒲生氏郷の墓 蒲生氏郷の墓 辞世の碑 辞世の碑

蒲生氏郷の墓(会津若松市)

天正18年(1590)天下統一を果たした秀吉は、信長にも仕えた戦国武将の蒲生氏郷を奥羽の押さえとして会津に封じました。

氏郷はその時、黒川といったこの町を郷里(滋賀県日野町)の森の名にちなみ"若松"と名づけ、鶴ヶ城や城下町を整備し、漆器産業を植えつけ文化興隆にも力を注ぎました。しかし、会津の領主となって僅か5年後に病のため京都で不帰の人となりました。

興徳寺の五輪塔には遺髪が収められ、辞世の歌碑も建てられています。「限りあれば 吹かねば花は散るものを心短き春の山風」。40歳の若さであった氏郷の死去はあまりに突然で早かったため、人々は秀吉が毒殺したと噂し合ったそうです。
■JR会津若松駅よりバスで約10分、または徒歩25分

copyright © AD BRAIN All Rights Reserved.