会津探訪

向羽黒山城跡 向羽黒山城跡

向羽黒山城跡(会津美里町)

上杉景勝を始め、葦名氏、蒲生氏郷、伊達政宗など数々の名将が治めた城跡。国指定史跡。
鶴ヶ城は攻め入られやすいため、徳川家康の会津征伐に備える最後の砦として景勝と兼続に整備された山城。関が原の戦い後は家康に廃城とされた。

現在では、白鳳山公園と呼ばれ 親しまれており、彼方には磐梯山や 飯豊山を望むことができ、 六千本ものつつじが 全山を包む美しい公園です。
■会津若松ICより車で20分

copyright © AD BRAIN All Rights Reserved.