会津探訪

御衣黄 御衣黄 鶴ヶ城公園の桜 鶴ヶ城公園の桜 茶室麟閣の桜 茶室麟閣の桜 神指城跡の桜 神指城跡の桜

会津桜紀行


●太夫桜・・・飯盛山の急斜面に立ちあがり、圧倒される美しさとなります。
●建福寺の枝垂れ桜・・・下垂した枝に薄紅色の花が咲き、優しさにあふれた桜です。
●御薬園の桜・・・見事な庭園をもつ歴代会津藩主の別荘でした。約400種もの薬草をもつ薬草園でもあります。
●御衣黄・・・東山温泉の入り口「会津武家屋敷」内に咲き、神秘的な緑色の桜です。
●鶴ヶ城公園の桜・・・会津のシンボルである鶴ヶ城跡に、約千本の桜が花をつける会津随一の花見の名所です。ソメイヨシノを中心に多種の桜が時期をずらしながら咲きます。夜、ライトに浮かび上がる桜がお堀の水面に白く映えるさまは幻想的です。
●茶室麟閣の桜・・・千利休の子少庵が会津藩主蒲生氏郷にかくまわれていた頃に建てられた茶室です。
●種蒔き桜・・・稲の種蒔きの頃満開となることから「種蒔き桜」といいます。
●神指城跡の桜・・・上杉景勝の築城跡。約二十本のソメイヨシノが並び、また、同地に国の天然記念物「高瀬の大ケヤキ」もあります。

copyright © AD BRAIN All Rights Reserved.