会津探訪

会津藩校日新館 会津藩校日新館 勉強風景 勉強風景

会津藩校日新館(会津若松市)

会津藩校日新館は寛政十一年(1799)四月から五年もの長い歳月を費やして享和三年(1803)十月に完成しました。当時は鶴ヶ城西出丸の西側にありました。内には孔子を祭る大成殿を中心に素読所、講釈所をはじめ、書学寮・礼式方・和学寮・神道方・皇学方・数学方・天文方・医学寮など、また刀・槍・弓馬・柔・砲術・大砲方・水練場など、文武の専門的な学舎がありました。なお、幕末には西洋の学問を教える洋学舎も建てられ、当時としては他藩に類のない教育の一大殿堂でした。会津藩が青少年たちの教育にいかに熱心であったかがうかがえます。

copyright © AD BRAIN All Rights Reserved.