会津探訪

さざえ堂 さざえ堂

さざえ堂(会津若松市)

飯盛山の中腹にある円通三匝堂は、さざえ堂と呼ばれ親しまれている世界的にも珍しい螺旋階段を配した建築物です。

寛政8年(1796)に郁堂和尚によって考案されたものです。高さ16・5メートル、直径6・3メートルの六角形の建物の回りに回廊が付けられており、この螺施状の回廊を上るといつの間にか下りの回廊に繋がり、上りの回廊と下りの回廊がどこでも交わらない特異な構造となってます。回廊の壁には西国三十三礼所の観音像が祭られていて、堂を参ることで三十三観音の功徳が得られる庶民の信仰の場として親しまれていました。

copyright © AD BRAIN All Rights Reserved.