会津探訪

保科正之の墓所 院内御廟 松平容保の墓 松平容保の墓

院内御廟(いんないごびょう)

会津藩主松平家墓所である「院内御廟」は、会津若松市内から車で約10分、東山温泉入口の手前左側の山裾にあります。

初代藩主保科正之が、明暦3年(1657)に亡くなった長男正頼のために、院内山を墓所と定めたのが始まりです。以来、松平家二代から九代までと十一代以下の藩主やその家族が、ここに永眠することになりました。墓域は総面積約4万5千坪という驚異的な広さです。

参道からなだらかな坂道をのぼったところに「西の御庭」「中の御庭」と呼ばれる墓所があり、松平家二代正経とその夫人、側室、子女が唯一仏式で埋葬されています。ここからさらに歩き、石段をのぼりきったところを「入峰の墓所」といいます。ここには、三代正容から九代容保まで保科正之が傾倒していた吉川神道(神式)による巨大な墓碑が立ち並んでいます。これほどの規模を持って独特な宗教的雰囲気をもつ墓所というのは、近世の大名家の墓所と比べてみても全国的に珍しく貴重であるということから、昭和62年、国史跡の指定を受けました。また、樹木におおわれた見応えのある景観は、会津若松市の自然風致地区に指定され、「ふくしま百景」のひとつにも選ばれています。毎年5月4日には歴代藩主の霊を慰める「院内ご廟お花まつり」が、松平家当主が祭主となって行われています。

copyright © AD BRAIN All Rights Reserved.