会津探訪

直江兼続 直江兼続

直江兼続

上杉家を義と愛で支えた直江兼続。越後国の坂戸城主、長尾政景(景勝の父)に仕える樋口兼豊の長男として、幼い頃から上杉景勝に仕える。2人は春日山城にて上杉謙信より「義」の精神を学び、その後、景勝の命で直江家に婿入りし相続する。

豊臣秀吉の時代、小田原城攻めなどに出陣し貢献、上杉景勝が越後から会津120万石へ移封され、兼続も6万石を与えられ米沢城主となる。徳川家康が天下をとると、石田三成と共に家康と対立。上洛を拒み、会津の「神指城」築城に尽力するが、「直江状」に怒った家康が会津に侵攻し、築城は中止。この会津攻めが「関ヶ原の戦い」の遠因となる。「関ヶ原の戦い」の後、米沢30万石に減封された上杉家の執政として米沢藩を築いた。60歳で病死。

copyright © AD BRAIN All Rights Reserved.