会津探訪

神指如来堂 神指如来堂 阿弥陀寺 阿弥陀寺

斎藤一と会津

新選組は母成峠の戦いに敗れ、土方は援軍を求めて米沢に向かった時、斎藤一は「今、落城せんとするのを見て、志を捨て去る誠義にあらず」と会津での抗戦を主張し、同意した隊士とともに会津に残留し神指町如来堂に宿陣していました。新選組副長助勤になるほどの剣客、斎藤一にとって神指町如来堂での戦が会津に名を残す最後となりました。維新後、藤田五郎と改名し、会津藩士とともに斗南に渡りました。後半生を会津人として生き、会津若松市七日町阿弥陀寺に妻時尾とともに眠っています。

copyright © AD BRAIN All Rights Reserved.