会津探訪

会津漆器 会津漆器

会津漆器の歴史

会津漆器が本格的に作られるようになったのは、天正18年(1590)蒲生氏郷が会津の領主になってからです。

氏郷公は、木地師や塗師を会津に伴わせ、先端技術を伝承させ、会津塗りの技術は飛躍的に進歩を遂げました。

江戸時代には、会津初代藩主保科正之公が漆の木の保護に努め、また歴代藩主が技術革新に熱心に取り組み、中国、オランダへも輸出され、隆盛を迎えます。

しかし、幕末の戊辰戦争において焼け野原と化した会津の復興は、会津漆器の復興でもあったのです。

明治政府の援助により再興され、さらに技術を改良し会津は日本有数の漆器産地としてその名を再びとどろかせるに至っています。

四百年という時を超えて生き抜いた伝統の技の上に、常に最新の技術を積極的に取り入れ会津漆器は現在まで成長を続けています。

copyright © AD BRAIN All Rights Reserved.